なぜ生理前に顎ニキビができるの?

生理前になると、顎にポツンとできるニキビは女性にとって煩わしくて嫌なものです。

 

できた顎ニキビがやっと治ったと思ったら、またニキビができる。
そんなことを繰り返していたら跡が消えにくくなって、お肌もどんどん傷んできます。

 

ニキビができる原因にはいろいろありますが、生理前には心身ともにトラブルがおこる女性は少なくありませんよね。

 

この時期の女性は、女性ホルモンに大きな変化があります。

女性ホルモンは主にエストロゲンとプロゲステロンの2つで構成されています。
生理前にはプロゲステロンが優位になるため皮脂の分泌が増えて、この皮脂が毛穴に詰まるために顎ニキビができやすくなるのです。

 

 

黄体ホルモンであるプロゲステロンは女性の身体を妊娠時の状態に保つ働きがあるので、身体に水分や脂肪を蓄えフェイスラインなどは乾燥しがちな状態に。。。

 

そして男性ホルモンと似た働きをするために、皮脂を過剰に分泌させ毛穴を詰まらせて顎ニキビを作るというわけです。

 

特に大人になるとお肌の水分量がどうしても減ってしまうので、この顎ニキビが発生しやすくなります(>_<)

 

 

生理前顎ニキビの治し方

 

生理前の顎ニキビの原因は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減り、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増えるから。
と書きましたが、簡単に言うと生理前はホルモンバランスが乱る。という事です。

 

『ホルモンバランスが乱れると顎ニキビができる』と考えると分かりやすいかもしれません。

 

 

治し方としては、ホルモンバランスの乱れを整えることと保湿ケアが必要になります。

 

ホルモンバランスの乱れを整えるためには、規則正しい生活リズム、栄養バランスの良い食生活、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

 

顎ニキビ生理前治し方

 

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取したり、月経前症候群の症状を緩和させる効果があるサプリメントや漢方薬を摂取したりするのも効果的です。

 

とくに皮脂が増加しやすい生理前には、脂っこいものや糖分を控えて少しずつコントロールするとよいでしょう。

 

 

それに加えて、顎ニキビに直接働きかけるためのスキンケアも重要になります。
顎ニキビの大敵はうるおい不足による肌の乾燥ですので、保湿効果が高い化粧水や美容液やクリームなどを使用して入念にスキンケアをするということが大切です。

 

日頃からうるおいをたっぷりと肌にチャージして乾燥を防ぐことでニキビができにくい肌環境に導くことができます。

 

きちんとした対策を講じて顎ニキビを治しましょう。

 

別の記事で、顎ニキビの簡単な治し方についてまとめたので良かったら参考にして下さい♪
⇒ 顎ニキビの簡単な治し方まとめ