なぜ妊娠すると顎ニキビができるの?

普段はあまりニキビが顔にできないという人でも、妊娠したと同時にニキビができてしまうことがあります。

 

「妊娠した途端、顎にニキビが大量にできたんです。助けて下さいっ!」
と何通かメールもいただきました^^;

 

顎ニキビ妊娠原因

 

 

妊娠中の40週の間に、女性ホルモンはどんどん増え続けていきます。

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が存在します。
卵胞ホルモンは肌の潤いを保ってバリア機能を高める働きを持っています。

 

それに対して、黄体ホルモンは赤ちゃんがいる子宮内の環境を整えたり体内の水分を蓄える働きがありますが、それと同時に、皮脂の分泌を過剰にし肌には悪影響を及ぼす恐れがあるホルモンなのです。

 

こうした時にできる顎ニキビはホルモンバランスの乱れが原因になっていることがほとんどですから、慌てずしっかりと洗顔をしてニキビ用の保湿力が高いスキンケアに切り替えるなどして対処していきましょう。

 

 

気を付けなければいけないのは、顎ニキビはよく手で触れてしまうことが多いということです。手で触れてしまうことによってニキビに雑菌がついて悪化しまう事があるので注意して下さい。

 

 

また、顎ニキビは妊娠中汗を掻きやすいということで出来てしまうことがあります。

 

胎児がいる時はいない時に比べて高温状態になっていることが多いので、そうした体温の変化で汗をたくさん掻くことで出来てしまうという可能性もあります。

 

顎のラインというのは汗も溜まりやすいですから、できるだけ汗を掻いたらすぐに汗をぬぐえるようにしていくといいでしょう。

ただし拭く時は清潔なタオルで、強く擦らないようにして下さいね。

 

妊娠中でも安心な顎ニキビの治し方

 

顎ニキビの治し方についてですが、原因がホルモンバランスにあるのでホルモンバランスを整えることが重要です。

 

顎ニキビ妊娠治し方

 

まずは妊婦さんの身体や顎ニキビにも有効なビタミンAやビタミンCやビタミンEを含むバランスのとれた食事を摂ることです。

 

また、睡眠不足やストレスもホルモンバランスを崩す原因になるので、睡眠をしっかりと取って休息するようにしましょう。

 

妊娠時はいつも以上にストレスがかかると思いますが、旦那さんやご家族にも協力して貰って、できるだけ心穏やかに過ごせる環境を整えるのがコツです。

 

 

そして、丁寧な洗顔と保湿ケアを心掛けることも重要です。

 

規則正しい生活習慣とバランスの良い食生活は赤ちゃんにも良い影響しか与えませんし、保湿ケアに関しても無添加で効果が高いコスメがあるので、妊婦さんでも安心して続けることが出来ると思います^^

 

妊娠がきっかけで顎ニキビができてしまったような時は、他にも肌の変化が見られることもありますから、酷く神経質にならないようにすることも大事です!

 

鏡をあまり見ないようにするのもストレスを溜めないコツ(笑)

 

妊娠中も赤ちゃんが産まれてからも写真をたくさん撮るでしょうけど、早めにケアをすればキレイなお母さんでいられるので安心して下さいね♪

 

 

P.S. 私が妊婦さんに相談された時にオススメしてる、無添加のニキビ専用ジェルがあるので良かったら試してみて下さい。
結構評判良いですし、半年間は返品OKなのでお気軽にどうぞ^^

 

⇒ 保湿力の高い、顎ニキビ専用ジェル